« ドッケン閉店? | トップページ | 縄張り意識が強い犬ほど良く吠える… »

新聞の情報は遅い…

最近、新聞を購読している意味が薄まっている。ニュースはWebとTVで十分。新聞を読む頃には最新情報は更新されているし、何より新聞はWebやTVを見ていると圧倒的に遅い。小説とか4コマ漫画とか新聞でしか読めないコンテンツもあるけど、そのために新聞を読んでいる人が世の中にどれほどいるかは不明だ。TV欄もWebでチェックできるしね。まー本当に必要なのはスーパーのチラシぐらいか?(;´Д`)

そんなわけで、ニュースならアサヒ・コムでも良いけど、最近はGoogleニュースを見て済ましている。関連記事がまとまっているので効率的に読めるので便利。検索も併用できるし。

そして、ますます新聞の意義がなくなっている我が家では新聞の次の契約更新はしないということになっている。ウチでは新聞というメディアは消滅したということになる。こういう家庭も今後増えていくのでは?と思う。今後、ネット家電が充実し、動画コンテンツが手軽にTVで見れるインフラが整備されたら、、、ラジオやTV等の地上波メディアもウチでの新聞と同じ運命を歩むことになるという、六本木ヒルズの今話題の某社長言っている事もあながちウソとも言えないのではと思ったりも。

果たして、某テレビ局会長の言う「私は、テレビはメディアの中核で、なくならないと思う。」という時代もいつまで続くのやら。10年後という期間はともかく、デジタル放送が整備された次は、きっとメディアの実体は情報(データ)になる。そうなれば電波で配信しなければならない理由もなくなり、ネットでも良いということになって、テレビはコンテンツ(データ)の再生端末の一種に過ぎなくなるだろうに。

、、、という予想ぐらいはきっと社員もしていると思うけど。わかっていないのはトップだけなのかもね。

|

« ドッケン閉店? | トップページ | 縄張り意識が強い犬ほど良く吠える… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370/3276701

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の情報は遅い…:

« ドッケン閉店? | トップページ | 縄張り意識が強い犬ほど良く吠える… »