« インディアン伝承シャンプー? | トップページ | ナンバープレート自動読み取り機… »

EntityBean…

かなり偏ったテーマでも書いてみるテスト。

数年前はEJBもバリバリやっていたのだが、とうとうこんなことを大きな声で言い出す人が出てきた模様。

「従来のEJBは存在自体が間違いだった」、Spring Framework開発者のRod Johnson氏

「エンティティBean(EJB:Enterprise JavaBeansに含まれるデータベース・アクセスのカプセル化機能)なんてないほうがよかった。エンティティBeanのせいで2~3年が無駄に失われてしまった」。現在、最も影響力のあるJava関連技術者の1人であるRod Johnson氏は、2005年6月21日に東京で開催された「JavaWorld DAY 2005」で、従来のJ2EE/EJBがいかに間違った存在だったかをとうとうと語った。「米国や英国で、新規のプロジェクトがエンティティBeanを採用したという話は、もはや1件も聞かない」。

まー、EntityBeanでイロイロやった経験から言えば、オレも同感。というか、今頃気づいたかと。(;´Д`)

ODBっぽい方向に進もうとしてたけど、自力でマッピングを実装しないと本当の意味で使えないEntityBeanになるし、パフォーマンスという視点でもNG。そもそも、ODB的なデータ保存がマッチする業務要件はかなり限られているから、利用自体に無理がある場合が多いしね。

でも、このRod Johnson氏の発言も、後半はちょっとアレだ。

もっとも「最近のJ2EEはよい方に変わってきた」とJohnson氏は語る。その同氏が「エンタープライズJavaの将来はここにある」と力説するのが,「DI(Dependency Injection,依存性の注入)」という概念だ。コンポーネント間の依存関係をコンテナ側で管理することにより,コンポーネントの独立性を高める仕組みである。DIを実現するオープンソースのフレームワークには,同氏が開発したSpringのほかにHiveMindなどがあり,EJBの次期版である3.0もDIをサポートする。また同氏は,オープンソースのフレームワーク「Hibernate」などが提供するO/Rマッピングの重要性も強調。「今後はすべてのJava技術者のコア・スキルになっていくだろう」と語った。

オレは要件を実現するために最適な技術を選択、利用できる能力がコア・スキルだと思っている。技術の知識はその選択肢の幅を持たせるのモノじゃん、てね。

、、、こういうアカデミックな人の発言に惑わされずに物事を判断できるエンジニアが多くいることを祈る。(-人-)

|

« インディアン伝承シャンプー? | トップページ | ナンバープレート自動読み取り機… »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

結局、最後は人間の判断能力だ!
って事でFA?


ムズカシイ・・・ヽ(`Д´)ノ 

投稿: ぱぐきん | 2005年6月25日 (土) 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370/4694803

この記事へのトラックバック一覧です: EntityBean…:

« インディアン伝承シャンプー? | トップページ | ナンバープレート自動読み取り機… »