« 世間は3連休… | トップページ | 902TとSyncMLが…その2 »

システム構築の現場ってヤツは…

どうして、こうも毎回、最後にバタバタするんだろうかと。かなり余裕があると思われたスケジュールもあっという間にパツパツに。そして、最後はジタバタ。(;´Д`)

振り返ってみても、リリースまで涼しい顔で居られた時はごくわずか。ホント、ほとんど自分一人に近い少人数でコツコツと予定通り作業ができた時ぐらいしか経験がない。
まぁ、よく言われているのはコミュニケーション不足。現場やクライアントとのコミュニケーションが不足してのミス、突き詰めると品質もコミュニケーションが原因の場合も多い。

それでも、コミュニケーションを密にしたところで、いつの間にか母親のような状況になっていたり。そこまで言われていて動かないこと自体、オレは既に理解できないのだが、そういう人間って実に多い。しかも技術力もある、そこそこのエンジニアほどそういう傾向にある。己の経験だけで判断/行動した結果、何も完了していない、そんな状況の繰り返し。これ以上、オレ達に何ができるのだろうか?って感じで脱力してしまうことも多々。ホント、頼むからやってくれって感じの一線の向こうは、損害賠償的な解決の道しか。。。

ただ、プロジェクトの目標は納期と品質を守ること。使えないメンバが納期遅れの理由にもならなければ、損害賠償に勝ってもクライアントとの納期は守れない。冷静に問題あるメンバの入れ替えがスムースにできるとベストかもしれないが、替わりが良い人材かどうかもわからなければ、遅れて参加しただけのハンディキャップもある。悩みは尽きない。

で、結局、マネージメントの手法は多々あれど、プロジェクト成功のキーは参加メンバ次第というありきたりな結論に行き着く。そのためのチームメンバ選び、、、それが今後の最大の課題かも?

と、そんなドリームチームが期間内、予算内で作れるのか?という理想と現実の狭間で妄想する、リリース1ヶ月を切った今日この頃。現場監督の宿命か?ヒューマンスキルが足りないだけか?、、、まだまだ修行が足りないな。_| ̄|○

|

« 世間は3連休… | トップページ | 902TとSyncMLが…その2 »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

そんな仕事の悩みも尽きない中、
下らない事で、お手を煩わせてスマソ・・(;´Д`)

投稿: pugkin | 2005年9月18日 (日) 19:24

無事、問題解決したようでなりより。
でも、13時間格闘した後に遊んでいたようですな。(;´Д`)

投稿: ニシザー | 2005年9月18日 (日) 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370/5993235

この記事へのトラックバック一覧です: システム構築の現場ってヤツは…:

« 世間は3連休… | トップページ | 902TとSyncMLが…その2 »