« 祖母他界… | トップページ | LOUD PARK 06 … »

葬儀での微妙な親族関係…

祖母の葬儀で久々に親族と顔を合わせたけど、幼い頃に良く遊んでいた従兄弟なんかも20年ぶりぐらいで、すっかり風貌もオヤジになっていたり。しかも、微妙な期間が過ぎていたせいもあって、割とお互いの存在を確認し一言二言交わすぐらい。なんか微妙。(;´Д`)

で、更に微妙なのが喪主を務めた叔父。亡くなった祖母は母方で、お袋の兄弟は5人。男は叔父が一人、残りは女という女兄弟。でも、この叔父がちょっとくせ者で、親族では結構融通の利かない頑固者。お袋とも昔から軽いトラブルが多々あった。そのせいもあってか、叔父の家族は親族の中で浮いた疎遠な親族なのだ。でも、喪主。すごく微妙。(;´Д`)

叔父もイイ歳だしそういう場ではなかったので一見、他の親族と普通に話しているようだったけど、待合室での叔父の家族だけは明らかに避けられていた。輪に入れなかったのか、入ろうとしなかったのか、はたまた入れてもらえなかったのかはわからないが、微妙に余っていた席が叔父の親族との不自然な空間を作っていた。誰も何も言わなかったが、明らかに避けていた。しかも、恐らく半数以上が叔父と言葉すら交わしていない。オレも含めて。

と、まぁそんな昔の事情を知らない嫁も異様な空気だけは感じて、帰り道の話題に。きっと、叔父の息子(従兄弟)の嫁とかもオレは初めて見たが、そんな微妙な空気に関して、家で色々と聞いているんじゃないかと思ったり、思わなかったり。

ただ、すっかり老けた叔父に昔ほど頑固なイメージはなく、逆に、静かに避けられ、親族だけの席での挨拶にも手元の文章を、しかも棒読みしていたダメっぷりはかわいそうな印象さえ受けた。と、感じたのは、オレがオトナになっただけ?(;´Д`)

そんなこんなで、微妙な親族関係が浮き彫りになった今回の葬儀。祖母は10年ぐらい入院し続けていて、しかも97歳という高齢だったとこともあって、親族内ではあまり悲壮感はなかったかな。町内でも祖母を知る周りの人の多くは既に亡くなっていて、参列者も少なかったし。割とひっそりと終わった。

ちなみに少し話は逸れるが、市の施設の火葬場付き斎場での葬儀だったのだが、火葬した骨の残り(全部は骨壺に入れないし入らない)は、一箇所にまとめておいて、後で入札で売るということをウチの親父が言っていた。買う側は骨を粉にして畑の肥料にしたり、火葬した人の金歯や骨折した補強で使っている金を目当てにしているらしい。う~ん、そんな金も微妙だ。(;´Д`)

うー、つらつらと書いていたらオレらしくなく長文になってしまった。しかも、こんな身内の微妙なネタなのに。(;´Д`)

|

« 祖母他界… | トップページ | LOUD PARK 06 … »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おばあちゃま残念でしたね・・・
ご冥福をお祈りします( _ _)

親戚って、なんかいつも子供の頃のイメージが強くて
そういう場で会うと、ああもう私歳取っちゃったんだなあと・・・。
なんか取り返しのつかない?感じがしますねー。

まあ、オトナになったということで(´ー`)

投稿: じゅんち | 2006年7月 4日 (火) 01:54

オトナになると、色々なモノが見えるようになるわけで。
そしてオレ自身も年取ったなぁと言われたワケで。(;´Д`)

投稿: ニシザー | 2006年7月 5日 (水) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370/10779315

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀での微妙な親族関係…:

« 祖母他界… | トップページ | LOUD PARK 06 … »