« ビックカメラ、やるな… | トップページ | Wesのバンド… »

スーパーSE、50人で設計?

そもそも、こんな契約を考えること自体がアレだよなぁ。

日本のお役所システムは無駄だらけ / SAFETY JAPAN [大前 研一氏] / 日経BP社

しかし、大前氏の考えていることも、ちとリアリティに欠けるよな。

 わたしだったら、どういうやり方をするか。

 まず年俸を1500万円から2000万円程度用意して、システムの分かった人間を50人、中央に集める。この優秀な50人は、日本一の設計部隊といって間違いない。しかし、世界中から最優秀な人間を集めるので、メンバーは日本人ばかりとは限らない。そしてこの設計部隊に、年金、選挙、納税、戸籍、パスポート申請などの、あらゆる公的システムを設計してもらうのだ。

2000万の年俸を月にすると170万/人月、、、残念ながら、この価格帯でリアル優秀な人材に出会える確率は良くて1割ぐらいじゃないかと思われ。(;´Д`)

そして、スーパーSEが設計したモノが本当に良いのかを誰が正しく評価できるのだろうか、とか普通に心配になってしまう。更に、仮に良い設計ができても、良い設計を殺さずに実装できる確率は更に下がるよな、やっぱり。もっと言うと、システム構築ってのもはチームワークやバランスが大切だから、50名が一匹狼みたいのの寄せ集めだったりすると更に最悪なシナリオが想定できる。サッカーと同じで、最高峰の選手を集めたって最強になるとは限らないのと同じだって。

で、それを経営コンサルの大前氏がまとめるって考えただけで、NTTデータさんが作るシステムよりも悲惨な結末が待っていると思うのはオレだけだろうか。最初から劇的な改修なんて高いリスクを取らず、発注先はどこでも良いけど、まずは役人サイドが納品された設計書やシステムを正しく評価できるように、教育する、もしくはそこにデキル人を投入すべきでしょ、やっぱり。

、、、成果物を正しく評価できる役人がいなければ、何も変わらないって。( ´ー`)

|

« ビックカメラ、やるな… | トップページ | Wesのバンド… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370/15898785

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーSE、50人で設計?:

« ビックカメラ、やるな… | トップページ | Wesのバンド… »